QLOOKアクセス解析

ドライブ中の子どもの熱中症に要注意!

気温が高い日が続いていますね。
こんな時に気をつけたいのが、
子ども達の熱中症です。
「外遊びの時は、十分に
気をつけているから大丈夫」
という方は多いと思います。
では、ドライブ中はどうでしょう?
エアコンをつけているから車内は大丈夫!
そんな声をよく聞きますが、
実はドライブ中にお子さんが
熱中症になってしまった、
なりかけていたというお話、
意外と多いんです。
というのも運転席からは
なかなか気がつかないのですが、
ガラス越し、とくにリヤウインドー越しに
入ってくる陽射しが、子どもの頭を
直撃していることがあります。
さらにエアコンの吹き出し口の
向きによっては、後席まで風が
まわりにくいということもあるんです。
とくに気をつけたいのが乳幼児。
顔にも汗をかいていないし、
静かなので寝ているのかと思って
ドライブを続けていたら、
目的地に着く頃に突然の嘔吐や発熱。
これは熱中症の可能性もあるんです。
子供は顔に汗をそんなにかいていなくとも、
背中はびっしょりということが多いです。
とくにチャイルドシートに座って
背中を密着させていると
汗をかきやすいのです。
トイレになかなか行けないからと、
水分摂取を控えていたりすると
よけい熱中症の危険が高くなります。
そんな車内での熱中症を防ぐためには、
取り外し可能なシェードを使うなどして
後席の日よけ対策も忘れずにしておきましょう。
応急処置としては、タオルを窓越しに
1枚挟むだけでも効果があります。
また赤ちゃんとの夏のドライブは
30分~1時間を限度にして、
クルマを一度停めて赤ちゃんの様子をみましょう。
背中に汗はかいていないか?
そして一口でもいいので水分を与えて
脱水症状を起こさないようにしましょう。
寝ている時こそ、大量の汗をかくので
脱水症状になりがちです。
寝ているうちに行ってしまえ~!という
大人の気持ちもわかりますが、
乳児とのドライブでのその行動は
とても危険なことなのですよ。
もし身体がほってっていて
グッタリしているようだったら、
首筋や脇の下などに濡らしたタオルを
あてるなどして涼しくし、
さらに水分補給をしてあげましょう。

タグ

このページの先頭へ