QLOOKアクセス解析

トリプトファン→セロトニン→メラトニン

人間の体の中では作られないため、
食物として摂らなければならないアミノ酸を、
「必須アミノ酸」といいます。
トリプトファンは、8種類の
必須アミノ酸のうちの1つです。
トリプトファンは、脳内で
神経の信号を伝える物質である、
セロトニンやメラトニンの原料となります。
セロトニンが少なくなると、気分が沈み、
不眠にも悩まされます。
逆に多すぎると、不安が強くなったり、
興奮してキレやすくなります。
ちょうど良い量があれば、気持ちが落ちついて、
心地よく眠れます。
「睡眠ホルモン」と呼ばれているメラトニンは、
セロトニンから作られます。
朝起きて、太陽の光を浴びてから
14~16時間経つと、脳での
メラトニンの分泌が増えて、
だんだん眠たくなってきます。
メラトニンは、時差ボケの治療にも使われ、
アメリカでは睡眠薬の1種として飲まれています。
トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、
バナナ、アボカド、肉類、スジコ、タラコに、
比較的多く含まれています。
乳製品の中では、「ナイトミルク」がおススメです。
夜間に搾ったミルクは、日中のミルクに比べて、
3~4倍のメラトニンを含むと言われています。
そのため不眠症が多いフィンランドでは、
ナイトミルクがよく飲まれています。
サプリメントでトリプトファンを大量に取るのは、
危険ですから止めておきましょう。
好酸球増多筋痛症候群という
健康障害を引き起こした事例があったので、
十分な注意が必要です。

タグ

このページの先頭へ