QLOOKアクセス解析

ストレス軽減と痛みを緩和するマッサージ療法

マッサージは、ストレスを軽減させ、
筋骨格筋系の痛み、腰痛や頭痛を
楽にする方法として用いられています。
マッサージによる痛みの軽減効果については、
ごく限られた証拠しか示されていませんが、
うつ、不安、疲労、混乱に有効であることが
研究で明らかになっています。
マッサージは抑うつ気分を改善し、
痛みを訴える方が日常生活に復帰し、
より良い生活を続けることに有効だと考えられています。
一般的にマッサージは、脳脊髄液のような
体液の循環に重点を置く場合はより軽く行い、
筋肉や靭帯を対象にする場合には強く行います。
突然の被災で心と体にストレスを抱えられた方の
体全身に行う場合は、リラックス効果の高い
「優しく軽い」マッサージがお薦めでしょう。
しかし、深部静脈血栓症を予防するためには、
ふくらはぎや足限定で「強い」マッサージがお薦めです。
深部静脈血栓症は、足の血流が低下することにより、
膝から下の下肢静脈内にできた血の塊が
その静脈を伝わって肺動脈に到達し、
肺血管を閉塞して突然死にいたる病気です。
避難所では被災でできた下肢の外傷、
不十分なトイレ環境や飲料水不足に伴う脱水、
慣れない狭い就眠環境、多大なストレスや疲労などにより、
深部静脈血栓症のリスクが高まります。
よって、ふくらはぎや足のマッサージで
下肢の血流を高めることは、命を守ることに直結するのです。
ぜひ積極的に下肢のストレッチやマッサージ、
その場ステップや青竹踏み運動を取り入れましょう。

タグ

このページの先頭へ