QLOOKアクセス解析

ジメジメ状態を放置しない ~オムツかぶれ~

小さいお子さんで気をつけたい肌トラブルに、
おむつかぶれがあります。
おむつかぶれは接触皮膚炎のひとつで、
肌が尿や便に含まれるアンモニアや
酵素と長い時間接触することで
赤みや湿疹、ただれを生じます。
おむつの中は、お子さんの体温や
排泄物がこもるため、そもそも
ジメジメとした状態です。
さらに梅雨のシーズンになり
室内の湿度が上昇すると、
お子さんのおむつの中も
同じ状態と考えて良いでしょう。
しかも小さいお子さんは
大人と同じだけの汗腺の数を
持っているため、小さな体に汗腺が密集し、
どうしても「汗かき」になってしまうことも
ジメジメ状態をつくりやすい要因となります。
おむつかぶれはカンジダ菌という
カビの感染によって起こるカンジダ症との
区別がつきにくため、まずは専門医の
受診をおすすめします。
また、予防としてはおむつをこまめに交換し、
つねに清潔を保つことが基本となります。
湿疹などの炎症部位は、お湯に浸した
やわらかい布やコットンで、そっと
汚れを取り除いてあげて下さい。
決してあせらず、こすらないように
するのがポイントです。
おむつも昔にくらべてずいぶん進化してきており、
お子さんにとってつけ心地の良い、
より通気性に優れた商品が開発されています。
だからといって安心し、おむつを
つけっ放しにしないよう、
こまめな気配りが必要です。

タグ

このページの先頭へ