QLOOKアクセス解析

サンスクリーン剤の紫外線防止効果

紫外線による影響を抑えるためには
まず、サンスクリーン剤を使用して、
日常的に紫外線をブロックすることが
基本となります。
サンスクリーン剤には、紫外線を
ブロックするための紫外線防止剤が
配合されていますが、紫外線を防止する
方法の違いによって、紫外線吸収剤と
紫外線散乱剤の2種類に分けられます。
紫外線吸収剤は、配合されている成分自体が
紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変えて
放出するという方法で紫外線をブロックします。
一方の紫外線散乱剤は、パウダー状の成分で
紫外線を物理的に散乱させるというもので、
それぞれはたらき方は違いますが、
紫外線が肌細胞へ浸透するのを防ぐという
目的は同じです。
使ったときの違いとして、紫外線吸収剤は
塗った部位が白くならないという利点がありますが、
まれに吸収材の成分にアレルギー反応を
起こす人がいます。
一方、紫外線散乱剤はアレルギーの危険性は
ほとんどありませんが、パウダーを使用しているため、
白く目立ちやすい製品もあります。
ただ最近では、紫外線吸収剤をきわめて
微小なマイクロカプセルに包み込み、
皮膚に直接触れないようにして
安全性を高めた製品や、紫外線散乱剤の粒子を
小さくして白浮きを抑えた製品が開発されています。
さらには耐水性や、敏感肌に対する工夫など、
より使いやすいよう改良が加えられた製品が
増えています。
サンスクリーン剤は、肌質や好み、
使う場面などを考えて選び、
場合によってはいくつかの製品を
使い分けるなどして、上手く紫外線を
ブロックすることをおすすめします。

タグ

このページの先頭へ