QLOOKアクセス解析

カビによる体への悪影響

カビによる人体への影響として、
カビそのものによる感染症と、
カビによるアレルギー反応の
2種類が挙げられます。
カビの感染でおきる病気としては、真菌性肺炎、
白癬菌による皮膚真菌症である、いわゆる水虫、
カンジダによる食道炎や胃腸炎、
クリプトコッカスによる髄膜炎などがあります。
カビによるアレルギーは、喘息、アトピー、
アレルギー性鼻炎などです。
カビによる感染症は、免疫が低下した人に多いですが、
カビによるアレルギーや、カビによって起きる
喘息やアトピーなどの症状悪化は、
免疫力に関係なく起きえます。
特にカビによるアレルギーで多いのが、
「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」
という病気です。

タグ

このページの先頭へ