QLOOKアクセス解析

インフルエンザワクチンを毎年接種!

ワクチン接種は100%安全とはいえないので
現在は同意書をとった上で接種が実施されています。
何故毎年受けないといけないのか?
という疑問をもたれる人も多いようですが、
インフルエンザワクチンは、
A型2種類とB型1種類の3種類が入っています。
それぞれに突然変異があるために
毎年違ったウイルスを使って
ワクチンを生産しているからです。
世界保健機構の予想に基づいて
流行する時期が異なる北半球と南半球では
異なるワクチンが接種されています。
ワクチンによる免疫(血中抗体)は
上昇に数週間かかります。
流行の時期は通常12月から始まるので
11月中の接種が推奨されています。
ワクチン接種した部位を接種直後に
強く揉むとワクチン液が漏れてしまうので
強く揉まないようにしましょう。
接種したワクチンが有効かどうかの判定は
その年の流行が終わらないとできません。

タグ

このページの先頭へ