QLOOKアクセス解析

インフルエンザの予防法は2種類

インフルエンザは、感染した人の咳や
クシャミに含まれるウイルスを
吸い込んで感染する「飛沫感染」でうつります。
ウイルスが体内に入るのを防ぐためには
飛沫中のウイルスを吸い込まないようにする
工夫が必要です。
もう一つは、飛沫が飛んだ場所を手で触って、
その手から間接的にウイルスに感染するのを
予防することです。
マスクの着用と咳エチケットが重要です。
インフルエンザワクチン接種は
予防接種とも呼びますが、
このワクチンによる免疫では
ウイルスを吸い込んだ場合の発症を
予防する効果は期待できません。

タグ

このページの先頭へ