QLOOKアクセス解析

インフルエンザに好かれる住まい

(1)冬の暖房は適温で。
  寒さへの抵抗力を失わないようにしましょう!
※インフルエンザウィルスは高い気温に弱いです。
でも適温は20~25℃。
部屋を暖めすぎると、外気に当たったときの
体温調節がうまく行かなくなります。
(2)部屋の気温格差が大きいと、(1)冬の暖房は適温で。
  寒さへの抵抗力を失わないようにしましょう!
※インフルエンザウィルスは高い気温に弱いです。
でも適温は20~25℃。
部屋を暖めすぎると、外気に当たったときの
体温調節がうまく行かなくなります。
(2)部屋の気温格差が大きいと、
  汗をかいたり、冷えたりしがち。
  汗が冷えると、体温が奪われてしまう!
※部屋間の気温格差は、ヒートショックと呼ばれる
症状(血管の急激な収縮や血圧の上昇)を招き、
お年寄りには命取りにもなります。
ゾクっとしたら赤信号。
(3)寒さ・乾燥はインフルエンザにとって温床!
※インフルエンザウィルスは、
気温が低いほど活発に活動します。
ウィルス生存率の実験では、
気温10度・湿度20%では6割以上が生存、
気温10度湿度50%では4割が生存、
気温32度湿度80%では全滅するというデータがあります。
ただし湿度を上げすぎることによって、
カビやダニの被害も出てくるので注意が必要です。
湿度は55%前後が目安です。
(4)厚着をしたり、厚着をしたまま寝ると
  抵抗力が弱まる!
※着膨れて汗をかいて、汗が冷えると
体温が奪われるモトに。
寝るときはパジャマなど
薄着で寝られるような環境で。
(5)外出に着たコートなどの上着は
  外で充分ホコリを払い、家の中では着回さないで!
  ウィルスが付着しています!
※寒いからといって、外で着た上着を着たまま
家の中で動き回らないようにしましょう。
上着はよく払ってから家へ。
不特定多数のひとと電車の中などで
触れ合うヒトは特に注意!
(6)できるだけ掃除はマメに!
  家の中のホコリが、咽喉をいため、
  気管をいため、ウィルスが
  付着しやすくなります!
※寒いとなかなか掃除が出来ないもの。
でもせめて換気なども兼ねて
1週間に1度は部屋の掃除を。
(7)湿った布団は病気のもと!
※インフルエンザウィルスは
冬の直射日光でも20分で死滅するといわれます。
できるだけ布団は直射日光に当てて。
まくらも忘れずに。
干せない場合は、布団乾燥機などで、
ふとんの湿気は取るように心がけましょう。

タグ

このページの先頭へ