QLOOKアクセス解析

インフルエンザにかかったら薬で治療した方がいいの?

インフルエンザの治療は
「症状を抑える治療」と
「インフルエンザウイルスの
増殖を抑える治療」に分かれます。
カゼのウイルスを退治する薬はないのに対して
インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬
(抗インフルエンザ薬)はあるというのが
治療を考える上での大きな違いです。
「症状を抑える治療」は熱を下げたり
体の痛みを取ったりするための、
解熱鎮痛剤の使用が中心となります。
解熱鎮痛剤にはいくつかの種類があるのですが、
そのうちの一部の薬は、
インフルエンザに関連した脳障害が起きる確率を
高めると言われていますので、使用を避けます。
従って、以前にカゼなどで受診したときに
処方された薬を使うことは、
避けた方が安全ですし、
薬局で市販薬を購入する場合は、
薬剤師のアドバイスを聞くようにしましょう。

タグ

このページの先頭へ