QLOOKアクセス解析

インフルエンザで起こる症状

●時間帯を問わず、38℃を越える高熱がある
●寒気・震え(特に発熱する直前)
●倦怠感
●頭痛
●関節痛・筋肉痛
●喉の痛み
●咳(起こらない場合もある)
●鼻水(ウイルスがいるので感染性あり!)
●くしゃみ(ウイルスがいるので感染性あり!)
インフルエンザは潜伏期間が短いので、
朝から発熱したまま学校や会社に行くと、
集団感染してしまうことも十分あります。
ただし、発熱する前から感染性はあるので、
学校では学級閉鎖をしても
集団感染を完全には予防できません。
インフルエンザは法律で定められている
「感染症」です。
普通の風邪と違い、感染した人は
集団感染を予防するために
出勤や登校をしてはいけない等と
定められています。
小児や高齢者の場合は、
重症になることもあるからです。

タグ

このページの先頭へ