QLOOKアクセス解析

アレルギー性アスペルギルス症の症状と治療法

■アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の症状
●湿った咳
●ゼイゼイという喘鳴、喘鳴
 ひどくなると、呼吸困難
●息切れ
●微熱
気管支喘息と非常によく似ているため、
検査を行い、診断する必要があります。
■アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の検査法
胸部レントゲン写真を撮ると、
気管支が拡がったように見えます。
また、血液検査を行うと、
アレルギーで増える好酸球が増えていて、
アスペルギルスというカビに対する
IgEが上昇していることが確認できます。
肺機能検査では喘息と
非常によく似た結果が出ます。
■アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療法
喘息のような症状がある場合は
吸入ステロイド、気管支拡張薬、
痰を切りやすくする去痰薬を使います。
あわせて抗真菌薬を使って、カビを減らします。

タグ

このページの先頭へ