QLOOKアクセス解析

よいこといっぱいの鼻呼吸

口ぽかんはいったいどうすれば
解消されるのでしょうか。
そのヒントは、人間本来の呼吸法である
「鼻呼吸」にあります。
もともと赤ちゃんの頃はみんな
鼻呼吸が上手なんです。
口呼吸ではおっぱいを長い間
吸えないですもんね。
鼻呼吸ができると、鼻を通った空気が
適度な湿り気を帯びるので、
のどが乾燥しにくくなり、
鼻毛や奥にある繊毛が、
細菌やウイルスを防御する
フィルター的な役割をするとも言われています。
また、鼻がつまっていると、
眠りが浅くなってしまうことも。
眠りが浅いと、翌日機嫌が悪かったり、
集中力にも影響をきたすことがありますから、
親としてできるだけよく眠れる
環境を作ってあげたいですよね。
子どもにとっての鼻呼吸とは、
質のよい睡眠をとること以外に、
病気の予防や翌日の機嫌、
集中力の持続などさまざまな
メリットがあるようです。
よいこといっぱいの鼻呼吸ですが、そうは言っても
鼻のつまりなどで口ぽかんな子どもにとっては、
すぐに習得するのはなかなか難しいですよね。。。。

タグ

このページの先頭へ