QLOOKアクセス解析

なぜ効くの?スポーツ飲料

よくスポーツ飲料を飲ませるとよい、
と言われることがあります。
では、普通の水を飲んでも
脱水は回復しないのでしょうか?
ここでちょっとした実験をしてみましょう。
コップ3杯の水を用意して、
一度に飲み干してみてください。
いかがでしょうか?
コップに3杯の水というのは、
案外と飲もうと思っても
飲めるものではありません。
これに対して、同じ量のスポーツ飲料だと
比較的簡単に飲めてしまいます。
(もちろん、前もって水を飲んでいない条件のときです。)
実は、この基となる実験は
古くから知られています。
本来は脱水を起こしたラットに
真水、濃度の高い食塩水、
体液に近い塩分を含んだ水分、
これらの3種を与えた場合の
影響について調べられています。
それによると、結果は次のようなものでした。
・真水では失われた体液の量が回復する前に、
 うすい尿が排泄されて体液量そのものは
 回復できない。
・濃度の高い食塩水では、ラットの
 体液量が回復する前に飲水を停止、
 さらに濃い尿を排泄。
・体液濃度に近い食塩水では
 脱水量が回復しても飲水を続け、
 体液量がかなり増加して初めて尿が出た。
この結果をみても、脱水の対処には
適度なナトリウム(塩分)の補給も
必要であることがわかります。
先ほど試していただいたように、
人間の場合にも体液量が回復するまで
真水だけを飲むというのは極めて困難です。
このため、飲みやすく調節された
スポーツ飲料がよいのではないか、
ということになるのです。
ちなみに、脱水症に対して初期治療を行う場合にも、
ナトリウムを含んだ細胞外液に近い組成の点滴を
選択するのが一般的です。
尿量が減少している場合には、
カリウムは毒性となることがありますので、
尿量が回復するまではカリウムの成分は
点滴の中には入れないためです。
(腎臓の悪い方がバナナや野菜など
カリウムを豊富に含む食べ物に
制限があるのと同じ理由です。)

タグ

このページの先頭へ