QLOOKアクセス解析

お風呂とトイレ、必ず換気扇を回しましょう。

電気代節約のためにトイレやお風呂の
換気扇を切っておく人もいるかもしれませんが、
温度の上昇しやすい夏場の個室トイレの中で
熱中症・脱水症をおこすことがあります。
少なくともこの季節は、空気の流れ・湿気の対策として
換気扇を回しておくことを忘れないでください。
もちろん、こうした場所に入る前に
水分の補給をしておいて、
まだ暑い時間帯に入る場合には、
できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。
便秘症の方は要注意です。
同じ温度・湿度であっても、風の流れがあると、
更に表面の熱をより放散しやすくなります。
風通しの悪い室内の場合には、
扇風機を活用しましょう。
扇風機の風を直接体にあてないにしても、
部屋の空気をかき混ぜることで対策につながります。

タグ

このページの先頭へ