QLOOKアクセス解析

「座り猫背」になるのは何故?

座ると猫背姿勢になりやすい理由として、
いくつか考えられることがあります。
ひとつは、立った状態と座った状態での
骨盤の角度に変化がでる、というところです。
ヒトには本来、関節や筋肉への負担が少ないような、
背骨の自然なカーブと骨盤の傾斜が備わっています。
それは、立ち姿勢のときにみられます。
しかし、座った状態になると、骨盤の角度が変化して、
それに伴い腰の部分の背骨のカーブにも変化が生じます。
これは、座り姿勢を維持しようとする
筋肉の働きも影響していて、
骨盤の角度が変化することで、
腰を支える筋肉も十分な力を発揮し続けてはいられなくなり、
徐々に腰のカーブが変化してしまい、
少し丸くなった印象の座り姿勢になっていくと考えられます。

タグ

このページの先頭へ