QLOOKアクセス解析

パーキンソン病

■パーキンソン病の症状
主に50~60歳代に多く、脳の黒質と呼ばれる部位での
ドーパミンが少なくなることで発症します。
ドーパミンは、カラダの円滑な動きを伝える
神経伝達物質なので、以下のような症状が出現します。
・体の振るえ(振戦)
・筋肉が固くなる(筋硬直)
・動作が緩慢になる(無動)
■パーキンソン病の診断法
MRI、CTなどの画像診断だけでは診断できないので、
神経内科専門医の診察が必要になります。
■パーキンソン病の治療法
ドーパミンを補充する内服治療が治療の中心になります。
最近では、脳の特定の部位に電極を埋め込む
手術治療が開発され、有効な結果が得られています。

タグ

このページの先頭へ