QLOOKアクセス解析

100人に1~2人がかかっている睡眠時無呼吸症候群

2003年2月26日、乗客約800人を乗せ
時速270kmで走行中の山陽新幹線
ひかり号運転手が眠り込んでしまい、
岡山駅を通り過ぎようとした事件がありました。
その後の調査で、これが単なる居眠り運転ではなく
「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という
病気のせいだったと分かり、
この病気が広く知られるようになりました。
睡眠時無呼吸症候群とは、
眠っている時に呼吸が止まる「無呼吸」症状や、
呼吸の回数が減る「低呼吸」が原因で、
睡眠障害が起こってしまう病気です。
実際は睡眠の質が下がっている一方で、
診察に訪れる患者さんの多くが
自分の睡眠不足を認識しておらず、
日中、知らないうちに
居眠りしてしまうことも問題です。
日本での調査によると、
睡眠中に無呼吸や低呼吸の症状があり、
日中、強い眠気を訴えている人は、
男性3.3%、女性0.5%、
合わせると国民の1.7%と報告されています。
このことから日本には
睡眠時無呼吸症候群の人が
200万人もいると推定されています。
性別では、男性は女性の3~5倍も
睡眠時無呼吸症候群になりやすく、
しかも軽症例に比べて重症になると
男女比が拡大します。
男性では患者さんの半数以上を40~50歳代が占め、
女性では閉経後に急増するのも特徴です。

タグ

このページの先頭へ