イメージ画像

無呼吸症候群、用語の説明

測定開始・測定終了 寝た時間と起きた時間です。
測定時間 寝ている間の合計時間です。

SpO2 酸素飽和度を表します。
血液の中に溶け込んでいる酸素の割合です。
健康な人は99%が目安となります。
90%以下となると臓器に酸素が届きにくい「呼吸不全状態」といわれます。
SpO2中央値 寝ている間の酸素飽和度の平均値です。
SpO2最低値 寝ている間の一番ひどい状態の酸素飽和度です。
SpO2<90%合計時間 寝ている間に酸素飽和度が90%以下(呼吸不全状態)になっているの合計時間です。
脈拍上昇指数 酸素が不足している場合に、酸素飽和度を増やそうとして心臓の動きが活発になり脈拍が増加します。1時間当たりの増加回数を示します。つまり、一時間当たり何回くらい体に負担がかかっているかを示す指標の一つとなります。

Obstructive Apneas
閉そく型無呼吸
喉や気管が閉じて無呼吸になる症状です。
詳しくは「閉そく型無呼吸」のページをご覧ください。
Central Apneas
中枢型無呼吸
呼吸中枢の異常です。
詳しくは「中枢型無呼吸」のページをご覧ください。
Mixed Apneas
混合型無呼吸
閉そく性と中枢性が両方発症している状態です。
詳しくは「混合型無呼吸」のページをご覧ください。
Hypopneas
低呼吸
無呼吸の一歩手前で、気道に空気の流れはあるが極めて少ない低呼吸の状態です。
3% Desaturation 酸素飽和度が3%下がった状態です。
Snore
いびき
気道が狭くなり始め、いびきをかいている状態を示します。
R右向き 右下で寝ている状態

U立位(座位) 起き上がった状態
Pうつ伏せ うつ伏せで寝ている状態
L左向き 左下で寝ている状態
S仰向き 仰向けで寝ている状態

このページの先頭へ