QLOOKアクセス解析

30代が健康診断で確認すべきポイント

30代は、まだまだ元気な年代です。
しかし、無理や食べ過ぎや
多少の睡眠不足が続いても平気だった
10~20代とは、やはり体力が異なります。
いわば、色々なツケが出やすい年代といえるでしょう。
その代表として、気をつけておきたいのが
メタボリックシンドローム。
高血圧、糖尿病、脂質代謝異常など、
いわゆる生活習慣病と診断され始めるのも30代です。
あとは生活習慣病にも分類される疾患ですが、
気をつけたいのが「がん」。
頻度的には消化器系のがんが多いですが、
便潜血(便に血が混じっていないか)の検査で
チェックできる可能性が高いです。
また、男性の精巣腫瘍や肉腫など、
若い人に比較的頻度が高いがんがあることも
念頭に置いておく必要があります。

タグ

このページの先頭へ