QLOOKアクセス解析

20代の女性ならではの健康診断のポイント

女性の場合、ちょっときつめのダイエットや
食生活のアンバランスによる貧血や
低栄養状態は血液検査でチェック可能。
貧血の場合には、血液が作られづらい場合と
出血や溶血(血が壊れてしまうこと)によって
血液が減っていく場合の2つが考えられます。
特に後者の場合には、年齢的には稀ですが、
子宮筋腫や卵巣膿腫などの婦人科疾患、
双角子宮(子宮が奥の方で二つに分かれている疾患。
月経過多や不妊の原因になる)などの可能性があり、
婦人科での診察や腹部超音波検査(エコー)などの
検査が望ましいケースもあります。
また、20~30代の女性の場合は、
妊娠中のレントゲン検査についての
不安が多いようです。
一般に、医療用放射線の影響は
きわめて低いものですが、
妊娠中や妊娠が疑われる時期の検診では
レントゲン検査は控えられると良いでしょう。

タグ

このページの先頭へ