QLOOKアクセス解析

20代が健康診断で確認すべきポイント

基本的にはほとんど異常が指摘されることは
少ない年代ですが、ポイントとして
押さえておきたいのは、急性疾患です。
色々と気になる症状があっても、
元気なので、なかなか医療機関に
受診しないという年代だからです。
例えば、胃や腸の不調や呼吸器系の不調は、
症状としては一般的なものですが、
その裏に思わぬ病気が隠れている可能性があります。
食欲不振:ストレス性の胃潰瘍・十二指腸潰瘍
便通異常:炎症性腸疾患
咳や微熱:結核や肺炎
これらの疾病は、貧血や便への血液の混入、
胸部レントゲン写真での異常として
一般的な健康診断と問診とで、
チェックすることが可能です。

タグ

このページの先頭へ