QLOOKアクセス解析

先天性の異常にも要注意!

小児から学生時代の健康診断で
チェックされていることが多いのですが、
体への影響がでにくい先天性の心疾患や
不整脈などが見つかることもあります。
心疾患の場合には診察での聴診で
不整脈は診察で脈をとることでわかりますし、
心電図だとどういうタイプの
不整脈かということもわかります。
また、極めて稀ですが内臓逆位
(内臓が左右逆転している、
人間の発生過程で起こる疾患)なども、
健康診断で受けたレントゲンで
初めてわかるケースがあります。

タグ

このページの先頭へ