イメージ画像

夜尿症(おねしょ)でお悩みの方へ

「おねしょ」が治らなくて不安を覚えている保護者の方も多いと思います。

どれだけ気を付けても、おねしょをしてしまうお子様についつい怒ってしまうことはありませんか?

一般的には5歳~6歳まででおねしょの習慣は減るといわれていますが、中には小学校になっても続くお子さまもいらっしゃいます。

お泊り保育や学校行事などでのお子様の様子が不安な保護者の方も多くいらっしゃいます。

おねしょには様々な原因がありますが、その一つに「夜尿症」という症状も考えられます。

夜尿症は原因がはっきりしていませんが、膀胱の容量が少ないケースや、夜間に分泌される「抗利尿ホルモン」が少ない場合など、様々な要因が考えられます。

抗利尿ホルモンとは、夜間や就寝中に尿の濃度を濃くする働きがあります。このホルモン分泌が少ないと薄い尿がたくさん出てしまいます

膀胱の容量は昼や夜、夜間など時折折りで変化しますので継続的な観察が必要です。

当院でも、超音波エコーによる膀胱容量の検査やお薬による治療など、お子様の症状やご様子に合わせて行っております。

おねしょをしてしまったお子様を叱る前に、一度ご相談ください。

また、修学旅行や家族でのお出かけなど、どうしても心配な時だけ飲む薬などもありますので気兼ねなく色々とご相談ください。

 

このページの先頭へ