QLOOKアクセス解析

血液サラサラ食品を食べよう!

■生玉ねぎ
タマネギの黄色い成分がケルセンは、
コレステロールが酸化されて
血管に沈着しないように働いたり、
細胞の老化を防いだりして、
動脈硬化の予防に役立ちます。
また、独特の辛味成分を硫化プロピルは、
生で食べると血液中のブドウ糖の代謝を促し、
ベタベタ血液の改善に役立つ言われています。
■納豆
納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素があり、
人工血栓における血栓溶解作用が確認されています。
※注意
心臓病や血管系の病気を持っている方で
ワーファリンという薬を服用している場合は、
納豆がワーファリンの効き目をなくしてしまいますので、
医師に相談なく食べないように気をつけてください。
■黒酢
中国の人々は昔から「血管がしなやかになる」と
言い伝えられ、黒酢をよく料理に使うそうです。
赤血球には形を容易に変えられる能力(赤血球変形能)があり、
もし赤血球変形能が悪くなると、血流が悪くなり
ドロドロ状態になってしまいます。
「黒酢」に含まれるメラノイジン(色素)には、
「赤血球変形能改善作用」があり、
臨床試験で血行をよくする効果が確認されています。
その他にも、血清コレステロール低下作用、
中性脂肪の改善、血糖値降下作用なども役立ちます。
また血管を軟らかくするのがヒスチジンが
一般的な米酢に比べ、約15倍も含まれています。
※注意
ヒスチジンは、体内でヒスタミンに変換される
ヒスタミン前駆物質。
ヒスタミンは体内に吸収された後で
他の成分に変化しますが、抗結核薬と、
ヒスチジンを多く含む食品を同時に摂取すると、
ヒスタミンの変化を邪魔して体内にたまってしまい
ヒスタミン中毒症状があらわれることがありますから
気をつけてください。
またヒスタミンに過敏なアレルギー体質
(アトピー・喘息など)の方も、アレルギー様の
症状を起こすことがありますので控えてください。

タグ

このページの先頭へ