QLOOKアクセス解析

心臓と血液の働き・仕組み

人間が生きるためには心臓が休みなく、
全身に血液を送り続ける必要があります。
心臓から送り出された血液は
全身に十分なエネルギーと酸素を運び、
私たちのの元気と力のもと、
つまりいのちの元になります。
まずは心臓と血液の働きと仕組みを
簡単に解説しましょう。
心臓が休みなく動き続けるためには、
心臓を動かす筋肉そのものにも
酸素と栄養が送られる必要があります。
これを運ぶのが「冠動脈(かんどうみゃく)」
という細い動脈。
これは心臓の表面にある血管で、
心臓に酸素と栄養を供給し続けます。
また、心臓がいくら血液を送り出しても、
その血液が逆戻りしてしまうと、
全身に血液を送ることができません。
逆流を防止するために、
心臓の中には4つの弁があります。
特に重要なのが大動脈弁と僧帽弁。
三尖弁、肺動脈弁がそれに続きます。
さらに心臓は、左半分と右半分で
違う役割を持っています。
左半分は全身に血液を送り出す役割、
右半分は全身から戻ってきた
使用済みの血液を肺に送り、
酸素をつけるという役割があります。
心臓のこれらのパーツのどこが故障しても、
健康を維持することはできません。
たとえば冠動脈がダメージを受けると
狭心症や心筋梗塞になり、
弁が壊れると弁膜症になります。
原因が何であれ、心臓の力が落ちると
心不全になってしまいます。

タグ

このページの先頭へ