QLOOKアクセス解析

動脈硬化の検査方法

動脈硬化の進行度合いを検査する方法として、
動脈のかたさを調べるCAVI(キャビー)検査と、
動脈の壁の厚さを調べるエコー(超音波)検査があります。
当医院では、エコー検査を用いて、首の血管(頚動脈)の
壁の厚さを調べ、同年代の血管と比べて動脈硬化が
進行しているかどうか、進行してしまった血管の場合は、
将来詰まる可能性があるかどうか等を検査しています。
専門の技術を要するため、実施されている医療機関は
全国でも数少ないです。
これらの検査により、脳梗塞・心筋梗塞など、
動脈硬化が原因で血管が詰まってしまう
病気の可能性を診断することができます。
当医院では、ご自身の血管年齢が実年齢より
若いか老化しているかも知ることができます。

タグ

このページの先頭へ