QLOOKアクセス解析

冬季うつ病の特徴

多くのうつ病は、季節と関係なく気持ちがふさぎこむのが
一般的ですが、ある決まった季節だけに発症するうつ病があり、
「季節性感情障害」と呼ばれています。
夏に起こるものもありますが、ほとんどは秋から冬にかけて
憂うつな気分にとらわれ、春になると自然に治る「冬季うつ病」です。
通常のうつ病と同じく、冬季うつ病の場合も、気分の落ち込みや、
それまで興味があったことへの関心の薄れなどが見られます。
また、集中力や意欲、精力が低下し、疲れやすくもなります。
冬季うつ病に特徴的な症状は、食欲増加、体重増加、睡眠時間の増加。
普通のうつ病の場合、食欲がなくなって体重が減り、
昼夜を問わず眠ろうとしても眠れなくなります。
しかし、冬季うつ病の場合は逆で、特に午後~夜に
炭水化物や甘いものが欲しくなります。
また、夜の睡眠時間が長くなり、日中の眠気も強く、
昼寝や居眠りが増えます。

タグ

このページの先頭へ