QLOOKアクセス解析

日本脳炎ワクチン

日本脳炎ワクチンについてご説明致します。
接種年齢:一期 → 6ヶ月~7歳6ヶ月までの間
       二期 →  9歳~13歳までの間
接種回数:4回
  具体的には 一期 2回目 ・・・ 初回接種より6日~28日まで
               3回目 ・・・ 4歳~7歳6ヶ月まで
                      ※初回接種終了後、
                        概ね1年を経過した時期
           二期 4回目 ・・・ 9歳~13歳までの間
接種方法:皮下
接種場所:病院
接種後に神経系の病気であるADEM(亜急性散在性脳脊髄炎)の
重症例が起こったとして、2005年5月から積極的な
推奨が差し控えられています。
ですが、かかってしまうと大変重症になるため、
WHO(世界保健機関)では、日本脳炎は重大な感染症とし、
ワクチン接種は必要とされています。
日本脳炎とは、日本からフィリピン、インドあたりまでの
東南アジアで流行している病気です。
蚊の血液の中にある日本脳炎ウイルスが、
人の体の中に入って感染します。
かかっても多くの人は症状が出ませんが、一部の人に脳炎が起こり、
無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)になることもあり、
けいれんや意識障害が起こります。
横山内科

タグ

このページの先頭へ