QLOOKアクセス解析

4人に1人はメタボの危険?

2011年1月に発表された厚生労働省の速報集計によると、
メタボリックシンドロームを調べる「特定健康診査」
(通称、メタボ健診)で、2009年度は14.7%が
メタボに該当したことが明らかになりました。
この数値は、前年度とほぼ変わっていません。
メタボ予備群も含めると27%になり、
4人に1人はメタボリックシンドロームの
危険性があることになります。
メタボリックシンドロームの診査では、
血中脂質、血圧、血糖の基準、
そして肥満(内臓型)かどうかをチェックします。
多くの人が気にする「肥満」は、
消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多く、
脂肪として蓄積してしまう状態です。

タグ

このページの先頭へ