QLOOKアクセス解析

質のよい眠りで、スイーツ依存症ともお別れ?

いい睡眠をとると、セロトニンという物質が
脳からたくさん分泌されます。
セロトニンは幸福感や満足感を高めてくれる
リラックスするために欠かせないホルモンです。
実はこのセロトニンは甘いものを
食べても分泌されるので、
ストレスを感じたときに
ついケーキやチョコレートに手が伸びて、
カロリーオーバーになりがちに。
スイーツに目がない人も、ぐっすりと眠ることで、
少しずつ甘いものを控えることができるはずです。

タグ

このページの先頭へ