QLOOKアクセス解析

甘いものを食べると太りやすい理由

甘いもの=太るというのは、
ダイエッターなら誰もが気になる公式。
ではまず、甘いもの(砂糖)は
身体の中でどう代謝されていき、
どうして体脂肪に変わるのかを、
簡単に解説していきましょう。
食べ物から摂った糖分はブドウ糖に
分解されて、血液中へと流れ出します。
ブドウ糖はすい臓から分泌される
インスリンの力を借りて代謝された後、
水と二酸化炭素になります。
代謝されなかった余分な糖は、
グリコーゲンや中性脂肪となって、
体内に貯蔵される仕組みになっています。
インスリンは他に、中性脂肪を合成したり、
中性脂肪の分解を抑制する役目も果たします。
多すぎる糖分が一気に体内に入ると、
インスリンが増加して中性脂肪をつくりだす
(太る)仕組みになっています。

タグ

このページの先頭へ