QLOOKアクセス解析

正常な満腹感を感じるために

正常な食欲の維持にかかせないのは、
脳や神経の働きを正常に保つことが大切。
本来はヒトにはカラダに必要な
栄養素を必要な量だけ摂れるよう、
調節機能が備わっているのです。
これがストレスや不規則な生活、
偏った食事などを繰り返すことで
正常に働かなくなり、
過食を引き起こしたりすることがあります。
ダイエットを成功させて
体重をキープし続けるには、
生活習慣を改めるのが
実はもっとも大切なこと。
特に睡眠時間と食事時間は
できるだけ一定にするよう心がけ、
できれば適度な運動も理想的。
理想的な食事の時間は、
前の食事から5時間程度は空け、
8時間以内には次の食事をとるというサイクル。
もしも昼食と夕食の間が
空きすぎてしまうといった場合には、
夕方おにぎりを1個食べて
夕食ではその分ご飯は軽くするなどの
工夫をしつつ、上手に間食するのも良いでしょう。
食事の内容も、健康に良いからと
何かひとつのものに偏ることなく、
様々な食品を満遍なく食べるという
ベーシックなことが大切です。

タグ

このページの先頭へ