QLOOKアクセス解析

正しい食事ダイエット★

◆朝から体温をUP!◆
体温が高いと消費エネルギーを増やすことができます。
目覚めたら体温を上げる工夫をしましょう。
朝食はご飯やパンなどだけではなく、
何かたんぱく質(乳製品、大豆製品、魚や肉など)を
食べるようにすると、カラダを温める効果が高いので、
体温アップに効果があります。
その他に、温かいモノを飲んだり食べたりするのも効果的。
出勤時や午前中に歩くなど、運動も効果絶大です!
◆夜遅くに食べ過ぎない◆
夜間に食べたものは、昼間食べたものよりも
脂肪に変わりやすくなります。
それ以外にも生活習慣病などの原因になることもあり、
やはり深夜の食事は体への負担が大きいもの。
また、食べ過ぎると睡眠が浅くなるといった
悪影響も出てきます。
美容や健康のために、眠る時間の直前には
大量の食事をとらないことは大切です。
夕食が遅くなりがちな人も、
せめてリセット中は早めにして、
少しでも脂肪が作られない工夫をしましょう。
◆この栄養素でストレス緩和◆
カルシウム、ビタミンC、ビタミンB群、
お茶などに含まれるテアニンという物質は、
どれもストレスを緩和させる成分だと
言われています。
ダイエットの挫折感を、
更なるストレス食べにつなげないよう、
乳製品、果物、野菜、豆製品、魚、などを
選んで食べましょう。

タグ

このページの先頭へ