QLOOKアクセス解析

帰宅してからの手順を工夫する

それでも深夜に食事をしなくてはならないときは、
帰ったらまず食事をしましょう。
その後、お風呂や明日の支度などの時間に
あてると良いですよ。
食べてから少しでも長く時間を置いて寝る方が、
若干のカロリー消費が期待できると同時に、
消化の面で体の負担を減らし、
熟睡につなげることができます。
横山内科

タグ

このページの先頭へ