QLOOKアクセス解析

太らない食事ダイエット 法則5 野菜類は想像以上に多く必要、と自覚するべし!

お肉を食べたら野菜も食べる、
というのは誰しも持っている
感覚ではないでしょうか。
野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルは、
主食(ご飯やパンなど)や主菜(たんぱく質の食材)で
摂った栄養素を円滑にエネルギーに変えてくれたり、
身体の隅々まで行き渡らせたり、
効率良く燃やしたりするのに
とても重要な役割を持っています。
そんな野菜や果物は、想像以上に多くの量が必要。
毎食、野菜や果物を忘れずに食べてください。
芋類や果物も、このくらいの量を食べていれば
太る心配は全くありません。
■1日1600kcalをバランス良く摂るのに必要な野菜類
緑黄色野菜……120g
(かぼちゃの煮物1人前と
ほうれん草のソテー1人前の二皿分程度)
淡色野菜……230g
(サラダ1人前、酢の物1人前、
付け合せの野菜炒め1人前など3皿分程度)
芋類……100g(じゃがいも1個分程度)
果物……200g(キウイフルーツ2個分程度)

タグ

このページの先頭へ