QLOOKアクセス解析

太らない食事ダイエット 法則3 炭水化物はNGという意識を捨てるべし!

大人気の炭水化物抜きダイエット。
エネルギー源になる栄養素なら、
摂らなければ痩せるような気がしますが、
それは間違いなんです。
本来人の身体には一定の炭水化物が必要です。
炭水化物を減らしすぎたり全く摂らないままに、
他の食べ物で空腹を満たすと、どうなるのでしょうか。
実はたんぱく質や脂質の摂りすぎにつながって、
痩せる以前に生活習慣病になる危険性が
アップしてしまうこともあり、健康面ではNGなんです。
さらには、炭水化物と違って
満腹感を感じにくいその他の食品だけでは、
結果として量を食べすぎてしまい、
カロリーオーバーになる可能性が高まります。
また、炭水化物が太る成分というのは誤解で、
必要とされる適量を摂っている分には
太ることもありません。
ちなみに、炭水化物を抜いて、
その代わりにお豆腐などの大豆製品や
赤身肉を食べるといった方法も
しばしば目にしますが、
たんぱく質と炭水化物は、ほぼ同カロリー。
お豆腐だって赤身肉だってヨーグルトだって、
必要以上に食べ過ぎれば、
カロリーオーバーとなり太ってしまうんですよ。
■1日1600kcalをバランス良くとるのに
 必要な炭水化物……210g
【食材に換算すると】
パン1枚とご飯……390g
(全量をおにぎりに換算すると約4個分)
砂糖……大さじ1杯
上記のほかに、エネルギー源となる油脂もとってOK。
調理や調味に使いましょう。
1600kcalの場合の目安量は次の通りです。
油脂……大さじ1強

タグ

このページの先頭へ