QLOOKアクセス解析

太った人ほど減量しやすい

結局、お腹周りを減らすには
地道に内臓脂肪を減らす以外に
方法はなさそうです。
ところで運動した時に、
どれくらいの運動のエネルギーを
消費したかを計算する式があります。
◆◆運動とエネルギー消費量計算式◆◆
運動のエネルギー消費量=
基準値(METS)×時間(h)×体重(kg)
※METSはmetabolic equivalentの複数系の略で、
安静時に対して運動時のエネルギー消費の
度合いを示しています。
METSの単位は[kcal/kg・h]
METSは運動の種類で決まっています。
激しい運動はMETSが大きく、
同じ歩いても普通の歩行よりも
早足の方が大きいMETSとなります。
運動のエネルギー消費量は運動時間が増せば
運動量が増すの当然です。
運動のエネルギー消費量の式は
体重があればあるほど運動した時の消費が多い、
すなわち太ったひとほど減量し易い事を
意味しています。

タグ

このページの先頭へ