QLOOKアクセス解析

夕食後に10分間の早歩きを

食べてすぐ寝ると、使われなかった糖が
中性脂肪に換まり脂肪細胞に
取り込まれてしまい内臓脂肪が増えるので、
いわゆるメタボになりやすいのです。
これを防ぐためには、夕食後にテレビでも
見ながら軽く食休みをしたら、
10分でもいいので、歩くことです。
近所を散歩したり、朝食の買い物に出たり、
それが嫌なら、テレビを見ながら
足踏みするだけでもOK。
できれば少し早歩きをすると、
食べたもののエネルギーが燃焼されて、
血糖値が安定します。

タグ

このページの先頭へ