QLOOKアクセス解析

効果的に間食をとる

まず、甘いものが食べたい場合は、
遅くなりがちな夕食時間ではなく、
昼間に食べるようにしてみましょう。
というのも、間食の取りかた次第で、
太らない食生活を実現する事ができるからです。
BMAL1(ビーマルワン)対策にもなり、
夕食までに過度の空腹になるのを防止する効果も。
「3時のおやつ」は理にかなったものなのです。
また、夕食が遅くなる事がわかっている場合は、
夕方にお蕎麦やうどん、おにぎりや
シンプルなパンなどを先に食べておくと良いでしょう。
そして、帰宅してからは、おかずや野菜料理だけを
食べるようにしましょう。
こうして遅い時間に多くを食べないような
コントロールができると上級者。
トータルで食べる量が変わらない場合は、
1日4食になっても大きな心配はいりません!

タグ

このページの先頭へ