QLOOKアクセス解析

低体温を引き起こす原因と簡単な改善テク

低体温の主な原因は、
「食生活」や「生活習慣」に
あるといわれています。
よって改善方法としては、
普段の食事や生活習慣を
変えていく必要があるということです。
ちょっとした心掛け次第で
簡単にできる低体温改善テクを
ご紹介します。
低体温を招く悪習慣から抜け出し、
燃えやすい体!スリムな体!を
さっそく手に入れましょう。
■冷暖房などに頼らない!
→冷暖房は適温を守り、
 夏の冷え過ぎるクーラーではカーディガン、
 冬場は膝掛けを用意するなど工夫しましょう。
■適度な運動を!
→適度な運動はストレス解消にも効果的。
 ストレスは温度調整をする自律神経とも
 関係があるので、低体温改善に運動は必須です。
■入浴を習慣に!
→夏でもきちんと湯船に浸かることが大事。
 血行がよくなり基礎代謝もアップします。
■甘い&冷たい過剰摂取はNG!
→甘いもの、糖分や乳脂質、白砂糖などの
 精製された食品は体を冷やす原因に。
 また、暑いときでも冷たいものを摂り過ぎると
 内臓が冷えて体のバランスが崩れてしまうので、
 適度な摂取を心掛けましょう。
■朝食をとろう!
→規則正しい食生活が基本です。
 特に朝食抜きは体温を上げづらくするので、
 フルーツや飲み物だけでも摂るようにしましょう。
■血行を良くする!
→血行を悪くするキツい下着は
 冷え性の原因にもなるので注意しましょう。

タグ

このページの先頭へ