QLOOKアクセス解析

メタボリックシンドロームの治療 その1

メタボリックシンドロームの治療のポイントは、
糖尿病、高血圧、高脂血症など個々の病態を治療するのではなく、
共通の基盤である内臓脂肪を減少させることです。
幸い、内臓脂肪は皮下脂肪と違って減少するのが速いので、
少しの減量で削減効果が期待できます。
そのため、標準体重をめざす大幅な減量は必要とせず、
現体重またはウエスト周囲径のマイナス5%程度を目標に、
3~6カ月かけて緩やかな減量を継続させます。
◆食事療法◆
摂取カロリーの制限、栄養バランスを保つなどの基本は、
肥満の治療と同じです。
ただし、内臓脂肪が蓄積している人の食生活には、
間食(とくにアイスクリーム)が多い、
緑黄色野菜が少ないなどの特徴があるので、
食事日記による食行動のチェックで、
問題点を具体化すると効果的です。

タグ

このページの先頭へ