QLOOKアクセス解析

ピラティスの胸式呼吸

アクティブに繰り返し運動を続けるピラティスでは、
胸式呼吸を行います。
肋骨や肩甲骨を意識するこの呼吸法は、
姿勢の改善にも効果があります。
1.両手を軽く肋骨に添え、
 おへそと背中を引き寄せ背筋を伸ばす。
2.両手で胸の広がりを確認しながら、
 胸が大きく広がるよう息を吸う。
ろうそくの炎を吹き消すようなイメージで、
口から息を吐き出す。
胸の中にある風船を膨らませるように
呼吸を繰り返します。
肩の力が抜け、胸の広がりを確認できたら、
添えてある両手はひざの上へ下ろします。
・効果・効用を保証するものではありません。
・目的は病気やケガの診断・治療・回復ではありません。
・エクササイズの最中に異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・事故やケガ等については一切責任を負いかねます。
 ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。

タグ

このページの先頭へ