QLOOKアクセス解析

チョコレートのダイエットに嬉しい成分と効果

チョコレートとは、カカオの種子を
発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、
これに砂糖、ココアバター、粉乳などを
混ぜて練り固めたもの。
主原料のカカオには、タンパク質、アミノ酸、
脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、
カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、
ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれていますが、
中でもダイエットに嬉しい成分と効果をご紹介していきましょう。
■ポリフェノール
チョコレートの主原料であるカカオには、
赤ワインより多いポリフェノール量が含まれています。
ポリフェノールには血液をサラサラにして
代謝を上げてくれる働きがあるので、ダイエットにも◎。
また、心と体のストレスに対する抵抗力を強めるので
ダイエット中のイライラ防止にも役立ち、
その他、動脈硬化の予防や抗酸化作用による
体内のサビ防止効果も期待できます。
■食物繊維
食物繊維が豊富なのもチョコレートの特徴。
板チョコ1枚には約2gの食物繊維が含まれているので、
便通を改善することで肥満防止に役立てることができます。
また、カカオに含まれるタンニンにも
便秘予防効果があるといわれています。
■ビタミン・ミネラル類
代謝に必要なビタミンEやナイアシンなどのビタミン類や、
カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンといった
ミネラル類が豊富なのも特徴です。

タグ

このページの先頭へ