QLOOKアクセス解析

ダイエットや健康によい食事のコツ

主食、副菜、主菜は調理法や食材が
重ならないようにするのもコツ。
揚げ物の主菜に炒め物や
マヨネーズ和えの副菜、といった組み合わせでは、
油脂の摂り過ぎになります。
逆に、煮物にお浸しに照り焼き、といった
組み合わせでは塩分が多すぎる献立になります。
そこで、煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げるなどの調理法と、
甘味・酸味・塩味・苦味・うま味といった
色々な味を組み合わせることで、一段とバランスが良くなります。
人の身体は、食事間隔が長くなると食べた栄養が
より吸収されやすくなります。
1日にとるカロリーが同じ場合は、
食事回数が少ないほうが太りやすくなることが、
様々な研究の結果で実証されています。
したがって、朝昼抜いて夜だけたっぷり、というのは
最も避けたいパターン。
少量ずつでも良いので、減量中も
3食に分けて食べることをおすすめします。

タグ

このページの先頭へ