QLOOKアクセス解析

よく噛むことも忘れずに。

幅広い食品をまんべんなく食べた方が
健康のためにはよいので、
何を食べるかの前に、
どう食べるかも大切です。
よく噛んでゆっくり食べること。
しっかり噛まずに早食いの人ほど
食べ過ぎて肥満になりがちですし、
噛むことで満腹感にもつながります。
できるだけ根野菜、豆類、
ナッツ類などの「かたいもの」、
イカ・タコ・コンニャクなどの
「弾力のあるもの」、
切干し大根や海草・キノコなど
繊維質の多く含まれているものを
選んで食べると、不足しがちな
野菜や海草、豆類などを
自然と選びやすくなります。
主食のごはんに、玄米や発芽玄米・雑穀などを
混ぜたりするのも様々な栄養素や食物繊維を
とることになり、白米だけよりも
グラム当たりのエネルギーが減り、
またよく噛むことにつながります。

タグ

このページの先頭へ