QLOOKアクセス解析

よい眠りで食欲を抑え、満腹感を感じやすく!

ダイエットの時にストレスなのが
食欲との闘いです。
食欲をコントロールするホルモンには、
食欲を高める「グレリン」と、
食欲を抑える「レプチン」があります。
睡眠時間が6時間未満になると
グレリンの分泌が増えて、
レプチンの分泌が減り、
食欲が高まって、満腹感を
感じにくくなります。
米国シカゴ大学の研究でも、
平均5時間半の睡眠では、
平均7時間半の睡眠に比べて
脂肪燃焼効果が半減するという
結果が出ています。
睡眠不足ではせっかくの
ダイエット効果も半減してしまうのです。

タグ

このページの先頭へ