QLOOKアクセス解析

やせる体質をつくるコツ3 「温活で巡りのよい体に!」

冷えはダイエットの大敵です!
体温が1度下がると基礎代謝が
12%低下することからも、
太りやすい&ダイエットが
うまくいかない原因にもなります。
また、体が冷えると水分や脂肪が
溜まりやすくなり、
血液やリンパ液の循環も低下することで、
むくみ&セルライトができやすくなる
状態になるので注意が必要です。
まず、体を温めるのにマストなのはお風呂。
ダイエットに有効な入浴法は、
37~40度以下のぬるめの温度に、
みぞおちの下まで浸かる半身浴。
20分以上、頭から汗が噴き出るぐらいまで浸かれば、
全身の血行がよくなることで
デトックス効果も期待できます。
バスタイム=ダイエットタイムだと思って、
毎日しっかりお湯に浸かる習慣を持ちましょう。
また、42度ぐらいのお湯に
全身3分浸かる⇔洗い場で休憩(頭や体を洗う)を
3~5回繰り返す高温反復浴もオススメ。
効率よく脂肪燃焼効果が期待できます。
食事面では、冬にとれるもの、
寒い地方でとれる野菜や果物は
体を温めるといわれているので積極的に。
さらに、体を温める食材として知られている、
生姜や根菜類もオススメです。
いっぽう、冷たい飲み物(ビール、アイスコーヒーなど)や
白砂糖、小麦製品は、体を冷やすので
控えるように心がけましょう。

タグ

このページの先頭へ