QLOOKアクセス解析

お米は太りにくい炭水化物

同じカロリーをとっていても、
その食べ合わせや内容により、
体脂肪の合成されやすさには
差が生まれると言われています。
動物性の油脂よりも
植物性の油脂が良いと言われたり、
肉類でも赤身が良いと言われる理由があるように、
炭水化物の中でも最も太りにくいと言われているのが、
米に代表される粒状のもの。
小麦粉製品などの精製されているものより、
よりダイエット向きとされています。
その理由は、消化吸収される際の
血糖値の上がり具合によるもので、
パンや麺類よりも、お米のほうが
血糖値はあがりにくいのです。
さらに付け加えるなら、
お米を食べるときには
一緒に食物繊維を含む
食材を摂ると良いでしょう。
食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、
食べた炭水化物を体脂肪に変えるのを
妨げてくれると言われています。
洋風和風問わず、キノコ類、ワカメなどの海藻類、
豆類、野菜全般などのおかずを添えて食べましょう。
そして、よくかんで食べると
満腹感もアップ。
そんな点でもダイエット中の主食は、
パンや麺よりもお米がベターです。
バランスの良い食事を心がけて、
効果の出やすいダイエットを目指しましょう!

タグ

このページの先頭へ