QLOOKアクセス解析

「生理前は太る」という人のための対策法

生理前から生理中にかけての「太りやすい時期」は、
心身ともに疲れやすい時期ともいえます。
よって、この時期には無理なダイエットをして
「痩せない!」「体重が増えた!」と
余計なストレスや疲労を作ってしまわぬよう、
ダイエットは一旦お休みして、リラックスして
乗り切ることが大切です。
この時期にダイエットの効果が出なかったり
太ってしまったとしても、「そういう時期なんだ~」と思って
深く悩んだり、無理をしたりせずにやり過ごすのがベスト。
再び「生理後~排卵日まで」の時期がくれば
痩せやすくなるので、ダイエットは
生理終了後に開始したほうが良いのです。
<食事面での対策>
生理前~生理中はむしょうにお腹がすくので、
少量を少しずつ食べるのも効果的です。
その際、血糖値の維持に役立つ食材
(玄米、さつまいも、かぼちゃ等)を
コマメに食べると、満腹感が続くので効果的です。
その他、以下の点を意識するのも対策としてオススメです。
・ストレスから体を守ってくれるビタミンB1、
 ビタミンC、カルシウムをたっぷり摂る
・利尿作用(水分貯留対策)のある食品の摂取でむくみ予防
・食物繊維の摂取で便秘解消
尚、カフェインの過剰摂取はPMS症状の悪化につながりますし、
断食や極端な食事量制限は血糖値を低下させるので、
生理前~生理中は避けましょう。
<運動面での対策>
過度な運動は逆にストレスを溜めこみ、
PMSの悪化につながるので×。
気分転換を兼ねた散歩程度のウォーキングや、
むくみ解消のためのストレッチ&マッサージがオススメです。
また、血行が悪くなりがちなこの時期は、
体を温めることも大事。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かり体を温めれば、
生理痛の緩和やリラックス効果もあって良いでしょう。
女性の体の1カ月のサイクル(生理周期)を把握すれば、
痩せやすい時期にダイエットを行うことで
効率良く体重を落とすことができ、太りやすい時期に
ストレスを溜めることもなくなるはずですよ!

タグ

このページの先頭へ